日本でのスポーツギャンブル ブックメーカーについて

スポーツでギャンブル

ブックメーカーというのは本とか書籍とはとくに関係なく、スポーツギャンブルというか、主にスポーツを対象とした賭け屋のことです。これは世界では多くの国で楽しまれていて、発祥はイギリスと言われています。ですが、残念ながら日本では一般には行われていません。日本においてはブックメーカーは賭博であり、賭博は法律で禁止されているからです。例外的に競馬や競輪などは認められていますが、これはあくまで例外ですし、競馬や競輪を対象とした賭けであっても勝手に馬券を売り出したりすると法律違反になってしまいます。

しかし、スポーツギャンブルとしてのブックメーカーに日本人であっても参加することは十分に可能です。もちろん海外旅行をして賭けを行っても構わないのですが、そのためだけにわざわざ海外旅行をするのは非現実的でしょう。ですが、今では別に海外旅行までしなくても賭けに参加することはできます。インターネットで賭けが行われているからで、これは日本からでも簡単に参加でき、もちろん予想が的中すれば実際にお金を手にすることができます。これが法律上どう扱われるのかは微妙なところもありますが、今のところそれで捕まったというような人はいません。

賭けながら観戦

試合にお金を賭けて楽しめるブックメーカー

悩んで賭ける

日本では馴染みの薄いブックメーカーは、簡単に説明するとスポーツギャンブルです。

日本国内でギャンブルは、競馬・ボートレース・競輪・オートレースなど公営競技でしか認められていません。しかし海外ではブックメーカーを介して、様々なスポーツの試合にお金をかけることができます。ヨーロッパならサッカーやテニスなどの試合にお金を賭けることができますし、アメリカなら野球やバスケットボールなど国民的競技も対象です。一昔前は店舗などでお金を賭けるしかありませんでしたが、インターネットが発達したことで気軽にブックメーカーを利用できる環境が整ったので、世界中でスポーツギャンブルとして人気があります。

海外のスポーツだけでなく、日本のサッカーやプロ野球の試合も対象になっており、その他の競技にもお金を賭けることができます。もちろん日本で認められている競馬も、海外のブックメーカーも対象です。

スポーツギャンブルは、日本では印象が良くないかもしれません。しかし試合にお金を賭けることでスポーツの見方が大きく変わり、より白熱することもできます。ブックメーカーのスポーツギャンブルは、お金を稼ぐだけでなくスポーツの新しい一面を見せてくれる仕組みです。

スポーツギャンブル